ドローン許可の手続き

ドローン空撮事業には「ドローン許可」が必要です!

せどりには「古物商許可」が必要です!ドローンの本来の意味は「雄蜂」ですが、今では「空は飛べるけれど、人は乗らない機体」を指して表現されることが多くなっています。
近年ではドローン許可を取得せずにドローン飛行を行った場合思わぬ問題が起こってしまう可能性があります。
ドローン許可を受け付けているのは航空局です。何故航空局が受け付けているのかというと、ドローンの飛行はその性質上、操縦ミスによる事故が多くなり、いざ事故が起きた時に航空局は事故原因を特定する必要があるからです。
なので万が一ドローン許可を取得せずにドローンを飛行させ事故を起こした場合、問題が生じてしまうのです。
細かいことでわからないことがある場合は、航空局に相談してみることをおすすめします。

ドローン許可の手続きは面倒?

古物商許可の手続きは面倒?ドローン許可を簡単に言いますと、ドローンを使った事業を経営する上で個人、または法人に必要な許可のことです。他の許可と違って手続きはそこまで難しくありません。
ドローン許可の申請は、航空局に申請書を送るなどして手続きをします。これは、法律にのっとって扱うようにする、という理由からです。
必要書類は場合によって必要なものが違います。
また、許可申請に必要な費用は無料ですが手間という意味でのコストはかかります。申請書の様式を事前に確認しておきましょう。
自分でドローンの許可申請の手続きをする時間がない、書類の書き方がよく分からない、という場合は、行政書士に代行してもらうことも可能です。