取得しないといけないケース

ドローン許可を取得せずドローンを飛行させるとどうなる?

古物商許可を取得せず古物をオークション出品するとどうなる?ここ最近、ドローンが一般的に認知され、多くの人が購入したり飛行させています。まだ利用したことのない人でも、ドローンを操縦したいと思ったことがあるのではないでしょうか。
家の中や誰もいない屋内で飛行させる分には特に問題はありません。しかし、屋外、地上に人がいる場合はドローン許可が必要となり、ドローン許可を取得せずにドローンを飛行させると罰則を受けることがあります。
航空法では無許可でのドローン飛行について「50万円以下の罰金」の罰則規定が設けられています。
無許可と判断され、罰せられる可能性があるので注意が必要です。
ドローンの許可申請は書類を揃えて管轄の航空局に申請するだけです。特別な知識は必要ありません。
手数料もお安く済むので、もしも不安があるならドローン許可を取得しておいたほうが良いでしょう。

ドローン許可を取得しないといけないケースとは?

古物商許可を取得しないといけないケースとは?まず、基本的におもちゃであってもドローンとてして扱われます。
しかし、ラジコンはドローンとして扱われません。
ここで、ドローン許可を取得しなければ行ってはならないケースは、ドローンを許可が必要な空域で飛行させる場合です。
これはとても見落としがちのケースになりますが、小さい子供が飛行させる場合にも必要になります。
最後に、人家の密集地域の場合もドローン許可が必要になり注意をしなければならなりません。