ドローン許可は必要?

ドローン事業を行なうのにドローン許可は必要?

ドローン許可は、ドローンを飛行させ人にケガをさせる恐れがある場合に備えて、知識があるかどうかを見極めるための許可だといえます。
そのため、ドローン事業においても密集地域を飛行させる場合などは、ドローン許可が必要です。
ただし、家の中などの場合には、必要ありません。
個人の場合、私有地で飛行させる場合なども許可を受けなくても大丈夫です。
このような基準は、あくまでも一般的なものなので、詳細に関しては管轄航空局の担当窓口に問い合わせるとよいでしょう。
ドローン空撮事業者が行う家が密集した地域での撮影行為が「航空法第 132 条の3」の「人口集中地区においての飛行許可」に当たるため、ドローン許可が必要とされます。
そのため、これらの事業を開業するには、ドローン許可が必要です。

測量の事業を行なうにもドローン許可は必要になる?

金券ショップの事業を行なうにも古物商の許可は必要になる?近年ドローンを使った空撮や測量を行う方が増えており、その結果、ドローン許可の取得件数も増加していると言われています。
この資格に関して、な場合には必ず必要な許可であり、それが実際に使用するものである場合でも、未使用のものであってもこの条件に変わりはありません。
そのため、ドローンを使った測量を行う場合に関しても同様のことが言え、この商売を行うにあたってもドローン許可が必要になります。
万が一この許可を得ずに営業していた場合には罰則の対象となり、50万円以下の罰金が課せられることがあるので、営業の際には必ず取得しておかなければならないものなのです。
また、このドローン許可を取得する場合には、航空局でその許可申請を行う必要があり、この申請には時間がかかることもありますので、これから営業を始めるというのであれば計画的に取得をしておく必要があると言えます。